サン・ルイ 被せガラスのシェード [L1-66]

サン・ルイ 被せガラスのシェード [L1-66]

販売価格: 149,000円(税込)

数量:

商品詳細

国・Country : フランス

時代・Circa : 19世紀末〜20世紀初頭

サイズ・Size : シェード
        幅・・・最大約13.7cm   高さ・・・約10.5cm
        
        全長・・・約62cm

素材・Material : クリスタルガラス

詳細・Detail : 電球は日本製を使用しています。
        お使いいただける状態です。

※ 引っ掛けシーリング(シーリングに押し付けて捻る照明器具のことです)をご希望の方は、ご注文時にカートからお進みいただくと備考欄がございますので、そちらにご入力いただき、お知らせください。
この場合、写真に写っているカップは外して器具を取り付けますので 商品に含みません。

※ 天井から出ている配線に、直接照明を取り付ける方法(直付け)をご希望の方は、施工業者様にご相談ください。

※ お住まいがヴィオレッタからお近くの方でしたら、直付けも承りますので(料金別途)、先ずお問い合わせください。

※ コードの長さは、ご注文時にカートからお進みいただくと備考欄がございますので、そちらにご希望の長さ(照明を含む下げた時の全長です)をご入力いただき、お知らせください。


サン・ルイは 日本でも有名なバカラよりもその歴史は古く、フランスではいち早く透明度の高いクリスタルの製造に成功しているメゾンです。
透明なクリスタルに被せたクランベリー色のクリスタルはエッチングと手彫りで浮き彫りされている手間のかかる手法。
高度な技術が要求される被せガラスの細やかさは流石サン・ルイです。
地模様のある 透明なクリスタルが光に透けて輝いています。
これはダイヤモンドの様に カットした面が光るのではなく、ジブレと呼ばれる地模様のあるクリスタルの光沢です。
彫られているのは外側なので、内側は つるりと滑らか。
細長いシャンデリア球を入れていますが、このシェードなら 丸いボール球にしても合いそうですね。

同じ技法で作られたバカラのトレイもございます。→