ウェヌスとクピドのブローチ [A1152]

ウェヌスとクピドのブローチ [A1152]

国 country: フランス

年代 circa: 1880年代

サイズ size: たて約14.7cm × よこ約4cm

詳細 detail: シルバーとイエローゴールドで出来たぶどうの木のフレーム。それぞれ、スワンとフクロウが刻印されています。濃いブラウンのガラスにエナメルでハンドペインティングされたウェヌス(ヴィーナス)とクピド(キューピッド)。裏には下に何か下げられるフックが付いています。

美の女神ヴィーナス(ウェヌス)と愛の神、または天使で表現されるキューピッド(クピド)が黒っぽいガラスにエナメルで手描きされたブローチです。ギリシャ神話では、キューピッドはヴィーナスの息子。絵画でも共に描かれることの多い、詩的で美しい二人を柔らかいカラーのエナメルで細かく描いています。それぞれ、お顔がやさしく、可愛らしいタッチ。ガラスは光にかざすと赤茶いろに透けます。ガラスという素材もまた、ギリシャローマを想わせます。縁取りは銀に枝に金の葉のブドウの枝。身に着けた存在感が独特で素敵です。
ブローチの下についたフックには、お好きなペンダントトップを着けることが可能です。写真では、一粒の真珠のトップを着けてみました。アイデア次第で、さらに華やかなジュエリーに変身します。