アイボリーのエンジェルブローチ [A1128]

アイボリーのエンジェルブローチ [A1128]
国・Country : イギリス 時代・Circa : ヴィクトリアン サイズ・Size : たて約4cm x よこ約6.5cm 素材・Material : 象牙 詳細・Detail : 厚みのある象牙に手彫りされた天使。

キリスト教を学んでいるM嬢が見つけてきてくれたこちらのカーブドアイボリー(象牙を彫ったもの)のブローチ。このような、顔から羽が出ている天使は、セラフィム(熾天使)といい、キリスト教の天使の階級で最上位に位置する天使。 ムリーリョの名画「無原罪の御宿り」でも上の方にセラフィムの姿が見えます。 因みにセラフィムの、熾天使とは神様の愛と情熱の炎で燃えているため、燃えている(し熾天使と名付けられたそう。 最高位の天使にふさわしく高貴でかわいらしい顔立ちで、どの角度から見ても美しいのです。 これだけ立体的に作るにはかなりの厚みの象牙を必要とします。 たっぷりとしたブローチはニットや胸元中央などにどうぞ♪