天使と蝶の小物入れ [C1-34]

天使と蝶の小物入れ [C1-34]

販売価格: 38,500円(税込) [通常販売価格: 55,000円]

数量:
国・Country : ドイツ

時代・Circa : 1900年頃

サイズ・Size : 高さ・・・約4.5cm   幅・・・約8.5cm

素材・Material : 磁器(ビスキュイ)

詳細・Detail : ポーセリンマークが無いので窯元が特定できませんが、本体底面に6296と
        赤い数字、本体内側と蓋に7と記されています。

この小物入れの特徴は、ヨーロッパ的なモチーフに日本的な文様が使われている事ではないでしょうか。
十字架を表していると思われる形に天使と蝶。
蝶はキリスト教では復活の象徴。
人の死・霊に関する事や、魂・不死の意味としても使われています。
周りには日本の青海波が描かれていますが、この鱗状の波はペルシャ・ササン朝様式が世界各地に広まったものです。
どこまでも続く大海原に絶えず繰り返される穏やかな波のように、平穏な生活がいつまでも続きますようにという願いが込められているのかもしれませんね。