フィレンツエのフローレンスモザイク [A1384]

フィレンツエのフローレンスモザイク [A1384]

販売価格: 170,000円(税込)

数量:
国・Country : イタリア または イギリス

時代・Circa : c1860~c1870

サイズ・Size : 直径・・・全長約3.2cm、オーバル部分 たて約2cm×横約1.5cm  

素材・Material : メノウ、ターコイズ、9ctゴールド

詳細・Dtaile : フックピアスのピンを固定し、ドルムーズピアス(ピンが外れないようになったピアス)になります。綺麗な状態です。
        


 フィレンツエのピエトレ・デューレで生まれた天然石を象嵌するモザイクは、もともと家具に施されていました。


一見滑らかすぎて、描いたような鮮やかさなのですが、それが全て天然石だと知った時、なんて贅沢な装飾、素晴らしい技術なのだろうと感嘆しました。


私がこの家具をみたのは、ウィーンにあるリヒテンシュタインの宮殿だったのですが、この美意識に優れた一族は、今もなお美術品のコレクションを続けており2004年のクリスティーズで、『バドミントンキャビネット』と呼ばれるピエトレ・デューレのキャビネットを38億円で落札。


1700年代、英国の公爵の注文を受けフィレンツェの工房で30人以上の職人が6年以上かけてに製作したものです。

それを小さくしたものが、このフィレンツエのモザイク、英語読みでフローレンスモザイクのジュエリーです。

私を忘れないでのメッセージをもつ忘れな草、そして愛情を表すバラ、と白い小花。
なんとも可憐なモチーフが黒い大理石の背景で浮き上がっています。
色褪せない天然石の芸術。

ピアスのピンの変更やイヤリングの加工をご希望の方はご相談ください。