ウィットビージェット ペンダントトップ [A1346]

ウィットビージェット ペンダントトップ [A1346]

販売価格: 90,000円(税込)

数量:

国・Country : イギリス

時代・Circa : ヴィクトリアン時代

サイズ・Size : 長さ・・・約6cm(環なし約5cm)、横・・・約4cm、厚み・・・約2cm

素材・Material : ウィットビージェット

詳細・Detail : 環まですべてジェットで出来ています。3層のジェットを留めるため、裏にネジが二本あります。チェーン別。写真は9金のアンティークチェーンを使用しています。

 

木の化石ジェットは、日本で黒玉と呼ばれる漆黒の宝石。いえ、鉱物ではなく真珠や琥珀のような有機物からなる「宝石」です。化石、というとどのくらい古いかというとジュラ紀です!ジェラシックパークの恐竜の時代の木が化石になったもの。ご存知英国のヴィクトリア女王が喪に服した30年間、ずっと身につけ、その周辺の人々もまた身につけたため、英国で良質なジェットが採れたウィットビー地方のジェットが枯渇してしまったのでした。

英国人は、わざわざ「これはウィットビージェットだよ」と言います。
それは、英国人の誇りと、近年アジアなど他国で採れたジェットと区別するためです。
ウィットビー地方のジェットは、硬く彫刻に適し、さらに密度が高いので、磨くと光ったり、マットに仕上げたりと、様々な質感を出すことが出来ます。

近年は、皇室の方々も喪のジュエリーとして、真珠だけでなくジェットを身につけられる姿があります。ジェットも真珠も英国のモーニングジュエリー(喪のジュエリー)を見習って取り入れられているのです。

しかし、黒色の服がすべて喪に服している時だけ着るわけではないように、ジェットジュエリーも喪の時だけでなく、普段から装いを引き締めるポイントとして、とても素敵なジュエリーです。

「ジェットのジュエリー探してきて」と、最近必ず言われているのですが、近年見つかりにくくなってしまったのは事実です。久しぶりに、この大きさのジェット!しかも状態が良い!(大きく立派なジェットを見背てもらうと割れていることがほとんど)ジェットに巡り会えました。

このドロップ型のジェットは3層にもなっており、中央の彫刻は、バラ(英国・真実の愛)、勿忘草(私を忘れないで)そしてアザミ(スコットランドの国家)、そしてヴィクトリアン時代に人気の高かったモチーフ、シダが彫られています。

ほっこりとしたセーターに長めに下げたり、ワンピースやカットソーにさりげなく重ねたり、パールのネックレスと組み合わせても素敵。アンティーク好きは、1つは欲しいアイテムですね。

 

ブラックの効いたジュエリー
A1315 シードパール・ブラックエナメル バングル→
A1317 ターコイズ・ブラックガラスカメオ リング → 
A12 ジェット・陶板エンジェルイヤリング→