フレンチジェットペンダント・ブローチ [A1359]

フレンチジェットペンダント・ブローチ [A1359]

販売価格: 230,000円(tax incl.)

Quantity:
国・Country : フランス

時代・Circa : 1880年代

サイズ・Size : たて・・・約9cm(環なし約6cm)、横・・・約5cm

素材・Material : ブラックガラス、エナメル、真鍮

詳細・Detail : ハンドペイントのエナメルが施された黒色のガラス。ブローチにもペンダントにもなる。ペンダントトップの環は、外すことができます。チェーン別。おリボンはご希望でしたらお付けします。


 木の化石`ジェット`が流行したヴィクトリア時代、黒色のガラスで作られたジュエリーもまた多く作られました。このブラックガラスのジュエリーは、英国製、フランス製に関わらず、’フレンチジェット’と呼ばれました。ジェットは、英国の海岸ウィットビーで産出され、フランスはジェットを持っていなかったからです。
 しかし、’フレンチジェット’にはジェットには出来ないことが出来ました。それは、エナメル彩です。木の化石であるジェットに熱を加えることは出来ませんが、ガラスなら熱を加えるエナメル彩も大丈夫です。
こちらのペンダントブローチは、艶やかなフレンチジェットに衣をなびかせる女神の全身が描かれています。バラの花蔦が囲う女神は指をさしており、王尺のような杖を持っています。
これは、どうもフランスの民衆を自由へと導いた自由の女神マリアンヌのようです。フランスの擬人化された姿マリアンヌ。フランスでは、今もその時代を象徴する美しい女性が「マリアンヌ」として選ばれ、役所などの公共の施設にその胸像が置かれます。ちなみに今はソフィー・マルソーです。

こちらのフレンチジェットは、黒の背景にパステル色の柔らかなピンクや水色が美しい絵になっています。大きめのサイズなので、写真のようにリボンでチョーカーにしたり、長めのチェーンをつけてあげるのも素敵です。また、ペンダントようの環を外してブローチとしてつけると、まるで可愛らしいカメオのような雰囲気です。

箱は、オリジナルの絹の布張りがされたものがございます。ちょうど、ペンダントの環がひっかけられるようになっており、フレンチジェットの外すと、その周りだけ日に焼けていて、このフレンチジェットのものだったのだなあ、と感慨深いです。

 ブラックのアンティークジュエリーはこちら。
A1339 オニキスとダイヤモンドのリング →http://www.antiquevioletta.jp/product/1465
A1316 オニキスとエナメルのブローチ →http://www.antiquevioletta.jp/product/1455
A1213 オニキスストーンカメオブローチ →http://www.antiquevioletta.jp/product/858