スポード ケーキ皿 [C845]

スポード ケーキ皿 [C845]
国・Country : イギリス

時代・Circa : 1920年頃

サイズ・Size : 径・・・約15.5cm   縁までの高さ・・・約1cm

素材・Material : 陶磁器

詳細・Detail : スポードの印がございます。
        製造時に出来た黒点、窯痕、転写の色抜け、全体に貫入がございます。
        じゅうぶんお使いいただける状態です。

お好きな方が多くいらっしゃるスポードのブルー&ホワイト。
本品は1920年頃のプレートですが、このデザインは1819年に発表された「ルカノ」
少し小さめのこのサイズは、今回一枚だけの入荷ですので、お探しの方はご自分用に如何でしょうか。
家事の合間のティータイムに、ホッと一息の甘いもの。
軽くつまめるチョコレートや焼き菓子をのせるのに丁度良い大きさです。
豊穣や繁栄のシンボルである オリーブ、稲穂、葡萄がフレームとなって、のどかな風景を飾っています。
銅板転写技術を開発したことでも有名なスポードのケーキ皿です。

同じデザインのサイズ違いがございます。
そちらもあわせてご覧ください。→★

《アンティーク初心者の方へ》
貫入をヒビと思われている方が多いのですが、このヒビの様に見えるものはぶつけたり、落としたり、衝撃が加わって出来るヒビではございません。
素地と釉薬の収縮率が違うため、焼成から焼きあがって冷めていく過程で出来る表面的なもの。
釉薬のほうが素地に比べて多く縮むので、引っ張られて出来る亀裂が貫入です。
日本の茶道具の様に「景色を育てる」そういうお気持ちでご理解いただけましたら嬉しいです。